尖閣諸島と生物多様性

今週、新聞の片隅に載った記事に、私の目がとまりました。そこで、ネットで調査開始。その記事とは、アルピニストの野口健さんたちが「センカクモグラを守る会」を設立したというニュースでした。センカクモグラって、何?

以下は、野口健さんのサイトからの引用です。

尖閣諸島は、南西諸島西表島の北方に位置する島嶼群であり、行政区域としては沖縄県石垣市に属している。魚釣島、北小島、南小島、久場島(黄尾礁)、大正島(赤尾礁)の 5つの島嶼とおよび岩礁から成り立っている。尖閣諸島には、センカクモグラをはじめ、センカクサワガニ、センカクツツジ等、多くの固有種が確認されている。
しかし現在、これらの生物の絶滅の危機が指摘されている。一例をあげれば、センカクモグラは、日本哺乳類学会により、危急種に指定され、またいずれも環境省および沖縄県のレッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物「動植物」のリスト)では最も絶滅のおそれの高い絶滅危惧 IA 類に指定されている。
これは、尖閣諸島の中でも最大の面積を持つ魚釣島において、1978 年に、我が国の民間政治団体によって意図的に放逐されたヤギが数百頭にまで増殖したことにより、生態系に大きな影響を及ぼしているためである。

なんと、尖閣諸島は、そんなことになっていたのですか。

尖閣諸島に関しては、領有権に関する問題により、現状把握の調査自体がほとんど行われていない。2000年、2006年などに撮影された人工衛星の画像では島の表面積の10~20%がヤギの影響で裸地化しているのが確認され、2002年の航空写真ではいくつかの植物群落の消滅が確認されている。日本哺乳類学会は2002 年度大会において「尖閣諸島魚釣島の野生化ヤギの対策を求める要望書」を採択し、環境省、外務省、沖縄県および石垣市に提出した。その翌年、日本生態学会および沖縄生物学会も同様の要望書を採択し、環境省などに提出している。また、2001年には国会議員から日本政府に対して政府の認識をただし、ヤギの除去の意思を問う質問趣意書が提出されているが、いずれも政府の見解は消極的であった。(略)このような状況において、専門家による上陸調査を実施し、最終的に魚釣島のヤギを取り除くことが喫緊の課題である。

さらに具体的には、論文「尖閣諸島魚釣島の生物相と野生化ヤギ問題(横畑泰志富山大学準教授ほか)」が詳しいです。魚釣島にヤギが導入されたのは 1978 年で、日本の民間政治団体によって雌 雄各 1 頭が与那国島から持ち込まれ故意に放逐されたそうです。導入の目的は同時 に行われた「灯台」の設置とともに,「領有 権の主張のための既成事実づくり」とのこと。

許せない。私は、尖閣諸島は我が国固有の領土である以上、主張すべきことは当然に主張すべきであると思います。しかし、やっていいことと、悪いことがあるのではないでしょうか。

そもそも、「保守」とは、伝統を重んじ、先人たちの知恵と経験に学び、有形無形の文化と共に、先人から受け継いだ日本の国の四季折々の豊かな自然を大切に守り、後の世代に受け継いでいく、という思想なのではないでしょうか。こういう、「破壊型活動家」は、保守派とは認めるわけにはいきません。ただの極右であり、振り回し弄ぶ思想こそ違え、左翼と同じ輩です。保守人では、けっしてありません。

それはともかく、国は、野口さんたちに、尖閣諸島に上陸して、自然調査活動をおこなうことを認めてはどうでしょうか。きな臭い政治活動でないことが、世界の誰から見ても明らかであり、しっかりとした大義名分があるのに、中国におもねる必要があるのでしょうか。

 

広告

タグ:, ,

カテゴリー: 考えてみた!

connect

RSS フィードやソーシャルアカウントをフォローして更新を受け取りませんか。

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中