勝手にカボチャが生えてきたと思ったらメロンだ

以前、私の家のベランダにゴーヤを植えているというエントリーを書いたのですが、「その肥料に」と生ゴミを土に埋めたりしていました。すると、8月ぐらいから、見慣れぬツタがニョキニョキと出てくるではありませんか。やがて、実が大きくなり始めました。それが上の写真です。「カボチャだ」。大きくなってから食べてみよう、と思っていましたが、ここ数日、小蝿がずいぶんと周りをとんでいるのに気がつきました。小蝿はうっとおしいし、そろそろ、食べようか、と、切ってみたらびっくり。メロンでした。そうとわかっていたら熟すのを待っていたのに、やや固いめでしたが、味は確かにメロンです。

カボチャとメロンは、同じ瓜科だし、親戚のようです。そういえば、夕張メロンは、カボチャとメロンの交配だという話も聞いたような?その話は嘘のようですが、カボチャは強いので、メロンの栽培は、カボチャに接ぎ木して作ったりするそうです。

でも、我がベランダに突然に生えてきた実(上の写真)を見ても、誰もメロンとは思えないですよね。実際、ああいう外観のメロンを食べた記憶はないです。不思議なミステリーでした。

広告

タグ:,

カテゴリー: 食べてみた!

connect

RSS フィードやソーシャルアカウントをフォローして更新を受け取りませんか。

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中