AppStoreでkeynoteを買ってみた


Macユーザーに評価の高いソフトに、keynoteがあります。このソフトを使いたいがためにMacを買うという人もいるそうです。ジャンルとしては、MicrosoftPowerpointと同じ、プレゼン資料作成ソフトです。 私も前から気になっていましたが、keynoteは、他のオフィス系ソフトと併せて、iworkというパッケージでしか売っていなかったため、「全部を買うのも」と、躊躇していました。

しかし、この1月、Appleは、AppStoreを開設。keynoteは、単体で発売されることになりました。2300円。さっそく、購入(ダウンロード)。

「購入」をクリックすると、dockに格納されるギミックの演出が。MacOSも、iPadのようなインターフェイスに近づいてくるのかな、と思わせられる予感。

さて、ダウンロード後、早速、keynoteを起動。紙の説明書どころか、PDFの説明書すらありません。私はもちろん、keynoteは、始めて触ります。「困ったな」、起動と同時に、ビデオのチュートリアルが表示されました。「これに従って、何か作ってみよう」

そうして、手持ちの写真を使って、できあがったのが、下の、プレゼン資料。

 

要した時間は、ビデオ学習が15分以内、実際の作業が15分以内、ムービーに変換してyoutubeにアップし、お湯を沸かしペーパーフィルターで珈琲を入れて、全て込みで、1時間もかかりませんでした。予備知識ゼロだったんですよ。

これが、Powerpointだったら、ずぶの初心者の場合、10倍は時間がかかっていたと思います(というか、説明書を読まないと作業できないでしょう)。一番、違うのは、Microsoft系のソフトは、「サイズがうまく調整できない」とか「両端が合わない」とか、どうでもいいようなことで、ストレスが溜まっていくんです。keynoteも、そういうストレスも多少はあるかもしれませんが、私の場合は、「こうすればこうなるのか、なるほど。うまく考えて練られているなあ」と感心している間にできたという感じです。もっと、時間があれば、いろいろ作ってみたいなあと。

広告

タグ:, , ,

カテゴリー: 電脳してみた!

connect

RSS フィードやソーシャルアカウントをフォローして更新を受け取りませんか。

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中