八朔

八朔(はっさく)の写真を撮ってみました。
テーブルの上も、背景も、白く光で潰れており、「写真講座」的には悪写真の見本のようだと思います。でも、そのことが対象物だけに焦点を当てて、モノのリアル感を増しているんじゃないかと思います。私は、こういうのが好きです。

(追)ただし、質の低いモニターで観ると、かなり辛いかも。

広告

タグ:, ,

カテゴリー: 食べてみた!

connect

RSS フィードやソーシャルアカウントをフォローして更新を受け取りませんか。