背景ぼけ写真、撮ってみた

背景ぼけ写真ブームの火付け役といえば、「ダカフェ日記」。憧れて写真を始めた人も多いのではないでしょうか。かくいう私も、どうしたら、このような写真が撮れるものだろうかと試行錯誤しています。

似せた写真を撮るのは簡単です。

単焦点レンズを使って、絞りを目一杯に開放。ISOは100。シャープは甘く、彩度は落として、赤みを下げる。RAWで撮って、JPEG化したあとは、決していじらない。それだけに、似せた、背景ぼけ写真が撮れます。しかし、どこかが違うのです。その違うところがわかれば、一歩、上達なのですが。

買ったばかりの60Dで、試し撮りしてみました。絞りは、f1.4。

(追)このブログですが、レイアウト(特にトップページ)を刷新しました。



 ところで、この3枚の中で、どれが一番、いい写真だと思いますか。
私は、真ん中のダンボの写真です。目に、光が反射し、何かが(小さくて見えないけど)映りこんだことで、表情を与えています。
一番だめな写真は、上のミッキーマウスです。背景の中に溶け込みすぎてしまいました。「ダカフェ日記」には、どの写真にも表情があるのです。ミッキーの写真は、表情が乏しいですね。この構図で、どのようにしたら表情が引き出せるでしょうか。

 

広告

カテゴリー: 電脳してみた!

connect

RSS フィードやソーシャルアカウントをフォローして更新を受け取りませんか。

トラックバック・ピンバック

  1. 【撮影講座】 少しだけプロ気分を味わえる写真テクニック ~ 背景をぼかす | Tournage - トゥールナージュ - - 2016年3月23日

    […] 背景ぼけ写真、撮ってみた | 森の虎じろう […]