Mac OS X Lionを入れてみた

Mac OS X Lionが発売開始されたので、入れてみました。ネット経由で、特に問題もなく、すんなりといきました。

何でも新しいものが出されたときには、賛否両論があるものですが、ネット上の評判も、けっこうネガティブなものもあるようです。一方、褒めている人は、無茶苦茶に褒めています。

Lionが持つ数多くの新機能・新機軸の中でも、Appleの今後の世界観を強く印象づけるのが、タッチパッド操作を前提に再設計されたUIデザインである。Lionでは「マルチタッチジェスチャー」「フルスクリーンアプリ」「ミッションコントロール」という3つの新たな機能を搭載し、UIデザインの基軸を、マウス操作からタッチパッド操作に大胆に変えている。(略)「意のままに操る」とはこういうことかと、膝を叩くことは間違いない。(略)

今回のMac OS X Lionは、これまでのMac OS、そしてWindowsが築いてきた「パソコン」の世界観から大きく飛躍するものだ。PCの宿痾だった“使いにくさ”“ハードルの高さ”がすっかりと影を潜め、モバイルIT時代に最適化されたモダンなOSになっている。

「誰もが簡単に使えて、いつも持ち運べるパーソナルなコンピューター」

Mac OS X Lionは、このコンピューターの理想型に、また一歩、近づくものだ。いまMac OS Xを使っているユーザーはもちろん、iPhone/iPadでAppleの世界観に触れたWindows PCユーザーも、Lionを検討・導入する価値は大いにある。

ここで示されたのは、PCの未来そのものだ。

「“パーソナルコンピューターの理想”に近づく、さらなる洗練――Mac OS X Lionの大きな飛躍」by ITメディア)

すごい褒めようだなという感じですが、これまでの先入観や慣れを捨てる必要があります。

以前から、Macのトラックパッドは使いやすいので、「トラックパッドがあればマウスは要らない」という感じはありました。けれど、Lionでは、次のビデオのように、iPadやiPhoneのような操作性が取り入れられて、「トラックパッドでなければ不便」ということになっています。

「マウスがトラックパッドに取って代わられた」ということではなく、「画面上に、ポインタ(矢印)が表示されて、それをマウス(あるいはトラックパッド)で操作する」というインターフェイスが終わりつつあるということです。

もちろん、Photoshopのようなアプリケーションでは、今後もポインタは(おそらく)必要です。けれど、それはイラストを描く人がパソコンにタブレットを接続することが必須であったように、限定的な使い方になると思います。

ファイルをフル画面表示したときに、最上部のメニューが消えることが、それを象徴しています。

ただ、全てのアプリケーションが対応していないこともあり、今は、中途半端な状況ではあります。ですから、今の仕組みがどうこう、ではなく、「今後の方向が明確になり歩み出した」ということなのだろうと思います。

それは、iPhoneが登場したときに似ています。
初代のiPhoneも、あれができない、これができない、と、批判の嵐でした。けれど、初代バージョンへの些末な批判は、ほとんど意味がなかったことは、その後の展開が示しています。

実際に操作している感覚は、パソコンというよりiPadを操作しているかのようです。
以前から複数のデスクトップを使う機能はありましたが、誰でも複数のデスクトップを普通に使いこなすようになり、画面が有効に使えるようになっています。

そのあたり、和洋風さんという方のブログから、以下のビデオを紹介します。

まあ、20年ぐらい(私がパソコンを始めて触った頃からずっと)パソコンのインターフェースにはほとんど変化がなかったので、少し、わくわくしています。

[参考記事]

ついに降り立った未来のパソコン環境――「OS X Lion」に迫る

[参考ブログ]

1デスクトップ1アプリのスタイルを貫くのに OS X Lion が便利 | Lifehacking.jp

Lionの特に目立った変更点 | Macの手書き説明書

広告

タグ:,

カテゴリー: 電脳してみた!

connect

RSS フィードやソーシャルアカウントをフォローして更新を受け取りませんか。