タグアーカイブ: Mac

Mac OS X Lionを入れてみた

Mac OS X Lionが発売開始されたので、入れてみました。ネット経由で、特に問題もなく、すんなりといきました。

何でも新しいものが出されたときには、賛否両論があるものですが、ネット上の評判も、けっこうネガティブなものもあるようです。一方、褒めている人は、無茶苦茶に褒めています。

Lionが持つ数多くの新機能・新機軸の中でも、Appleの今後の世界観を強く印象づけるのが、タッチパッド操作を前提に再設計されたUIデザインである。Lionでは「マルチタッチジェスチャー」「フルスクリーンアプリ」「ミッションコントロール」という3つの新たな機能を搭載し、UIデザインの基軸を、マウス操作からタッチパッド操作に大胆に変えている。(略)「意のままに操る」とはこういうことかと、膝を叩くことは間違いない。(略)

今回のMac OS X Lionは、これまでのMac OS、そしてWindowsが築いてきた「パソコン」の世界観から大きく飛躍するものだ。PCの宿痾だった“使いにくさ”“ハードルの高さ”がすっかりと影を潜め、モバイルIT時代に最適化されたモダンなOSになっている。

「誰もが簡単に使えて、いつも持ち運べるパーソナルなコンピューター」

Mac OS X Lionは、このコンピューターの理想型に、また一歩、近づくものだ。いまMac OS Xを使っているユーザーはもちろん、iPhone/iPadでAppleの世界観に触れたWindows PCユーザーも、Lionを検討・導入する価値は大いにある。

ここで示されたのは、PCの未来そのものだ。

「“パーソナルコンピューターの理想”に近づく、さらなる洗練――Mac OS X Lionの大きな飛躍」by ITメディア)

すごい褒めようだなという感じですが、これまでの先入観や慣れを捨てる必要があります。

以前から、Macのトラックパッドは使いやすいので、「トラックパッドがあればマウスは要らない」という感じはありました。けれど、Lionでは、次のビデオのように、iPadやiPhoneのような操作性が取り入れられて、「トラックパッドでなければ不便」ということになっています。

続きを読む…

AppStoreでkeynoteを買ってみた


Macユーザーに評価の高いソフトに、keynoteがあります。このソフトを使いたいがためにMacを買うという人もいるそうです。ジャンルとしては、MicrosoftPowerpointと同じ、プレゼン資料作成ソフトです。 私も前から気になっていましたが、keynoteは、他のオフィス系ソフトと併せて、iworkというパッケージでしか売っていなかったため、「全部を買うのも」と、躊躇していました。

しかし、この1月、Appleは、AppStoreを開設。keynoteは、単体で発売されることになりました。2300円。さっそく、購入(ダウンロード)。

「購入」をクリックすると、dockに格納されるギミックの演出が。MacOSも、iPadのようなインターフェイスに近づいてくるのかな、と思わせられる予感。

さて、ダウンロード後、早速、keynoteを起動。紙の説明書どころか、PDFの説明書すらありません。私はもちろん、keynoteは、始めて触ります。「困ったな」、起動と同時に、ビデオのチュートリアルが表示されました。「これに従って、何か作ってみよう」

そうして、手持ちの写真を使って、できあがったのが、下の、プレゼン資料。

 

続きを読む…

Macの魅力、再び!

http://www.webcreatorbox.com/webinfo/how-great-mac/ 

via kwout

とても、いい記事を見つけました。紹介させていただきます。「なぜ、Macなのか?」の説明を、丁寧にされています。私にいわせれば、Macの魅力を一言で言うと「心地よい」ということになります。細かいところまで気遣いがされています。職場では、Windowsなので、時間的には、Windowsを使っている時間のほうが圧倒的に長いのですが、Windowsは、とにかくストレスが溜まります。融通が利かない相手と協同で仕事をしている感覚です。

iPhoneとAndroidの違いにも通じるかもしれませんが。ということで、どうぞ。

kwoutというサービスも試します。

new MacBook Air

欲しいなあ。というか、

まず、触りたいなあ。

まあ、私は以前のエントリー「新しいMacBookを買いました。」でも書いたように、初夏にNew Macを買ったばかりで、非常に気に入っています。ということで、買う必要はないのですが、とりあえず確認しておくと、new MacBook Airの特徴は…..

1 本体が薄く軽い(11.6型では、厚さ0.3~1.7cm、重さ1.06kg)
2 ハードディスクなし、フラッシュメモリー採用(起動も高速)
3 バッテリーが保つ(スリープ状態で、最大で30日間持続)

私は、持ち運び用途が少ないので、1と3はメリット薄いです。
2については、私のMacBookもSDDです。SDDは、数字以上に体感的に、むちゃくちゃ早いですよ。今度の、Airは、SSDのように外装を持たずメモリー部分のみが内蔵されているようですね。気合いの入れようもわかります。実物を見たら気持ちが変わるかもしれません。

ところで、昔は、OSはMacが良くても、ハードとしては魅力のあるWindows機も多かったのですが、最近のWinは、まったく不振ですね。

アメリカでは、もちろん、Windowsのシェアが圧倒的なんですが、1000ドル(約8万円)以上のパソコンに限ると、9割はMacだそうです。「高級はMac、廉価品はWindows」と棲み分けが進んでいるわけですが、低価格帯についても、Google のChrome OSが出てきたら、Windowsの凋落は避けられないのかもしれません。

参考として紹介

「旧型から新型へ、MacBook Airについての考察。」by The Art of Marr’s Blogさん
「iPadがMacBook Airにもたらしたもの」by 田園 macさん

手書きメモをEvernoteに取り込もうとしてみた

Evernoteといえば、かなり普及しているので説明は必要ないかもしれませんが、ネット上で、ノートの作成、興味のあるウェブページの保存、ボイスメモの録音、PDFファイルの保管、ToDoリストの作成、名刺のスナップ撮影、などなどをおこない、PC、Web、iPad、iPhoneなど、いろんな形でアクセスできる便利なサービスです。私が最初に使い始めたのは、昨年の夏に、ドコモ携帯からiPhoneに乗り換えたとき、iPhoneアプリとして、その存在を知りました。

しかし、少し使ってみて、「どことなく使いにくいなあ」と、使用を止めてしまいました。その後しばらくして、使用を再開し、その便利さに目覚めて、今は多用しています。

私が最初につまづいたのは、PDFファイルでもWebページでも保存できるという点でした。保存した情報を後でどのように使うかを考えると、レイアウトやフォントなど、関係ないんです。コンテンツさえあればいいんです。しかし、いろんな形で保存していたために、フォントがばらばらだったりして、後で見にくいものとなっていました(特にiPhoneの場合には、PDFは文字が小さすぎて読めないです)。多くのサイトではPDF保存を絶賛していますが、そのことが私にとって使いにくいものとなっていました。

そんなとき、SafariのメニューバーにEvernoteのアイコンがインストールされていたことに気がつきました(ちなみに、Evernoteの右のボタンが1Passwordという超・便利なソフトです)。Webページの一部分を選択したうえで、そのアイコンをクリックすると、その選択部分だけが、自動的にEvernoteに登録されるという仕組みですが、レイアウトはほとんど崩れずに、フォントの種類やサイズは、こちらが初期設定したもので保存されます。PDFよりずっといい。そのことによって、iPad、iPhoneはもちろん、Mac上でも、非常に視認性が高まりました。

使い方としては、Macからの登録は、もっぱら、上記のWebからの情報登録。そして、iPhoneでの登録は、写真(メモ代わり)がメインです。

月毎アップロード容量の制限は40MBまでですが、保存容量は無制限です(無料版の場合)。ですから、Web閲覧の際に、がんがん、あとで思い起こす可能性のある情報はすべて登録するようにします。私は、「以前にそのWebページを読んだときは、ちょっと気になった程度だったけど、あとで、もう一度読みたくなった。けれど、Googleで検索しても見つからない。どこのページだったっけ?」ということがよくありました。しかし、Evernoteに登録しておけば、検索範囲が非常に狭くてすみます。ですから、後で見たくなる可能性があるものは全部、登録しておくのです。

iPhoneの写真もメモ代わりです。iPhoneのカメラロールは、Macと同期する際に、自動的にiPhotoと同期されます(させない設定もできますが、それはそれで便利さを放棄しています)。iPhoneの写真は、基本、永久保存のつもりですので、一時的なメモ代わりの写真が同期されるのはうっとおしいのです。そこで、そういうメモ写真は、Evernoteで保存しiPhoneからすぐ削除するようにしています。

転勤前の職場では、職場のパソコンからEvernoteにアクセスできましたので、自宅Mac、iPhone、職場WinPCと縦横無尽に使っていました。しかし、今の職場では、セキュリティの制限があり、職場PCからEvernoteにアクセスできません。しかし、大丈夫、Evernoteにはメールで登録もできますし、iPhoneでEvernoteにアクセスし、そこで情報を選択して、メールでPCに受け取ることもできます。とはいえ、今は仕事用途では使っていません(使い道が思い当たらない)。Evernoteの使い方は、結局、その人次第。有料版では、ワードやエクセル、パワポも保存できるようですが、そんなことしたら複雑化して、私には使いにくいですね。

EvernoteのiPhoneでの使い方は、多くの方が紹介されていますが、とりあえず一つだけ紹介します。

「iPhoneからEvernoteへユビキタスキャプチャーするのに便利な3つの方法 」(by ライフハックブログKo’s Styleさん)】

小技については、こちらを紹介。

「evernote のやり方・基礎知識」(by nanapi )】

さて、以上が(長かったけど)前置きです。以下が(短いけど)本文です。

私は仕事で記録をとるために、大学ノートを使っています。どうにか、このアナログな手段とEvernoteを融合できないかなと考えていたところに、魅力ある製品が発売されました。「保存するメモ帳 abrAsus」です。

目上の方との商談や、電話中にぱっと思いついたアイデアや、図、用件などをさっとメモするのは、PCやiPhone、携帯より「手書きメモ」の方が快適ですね。
しかし、手書きメモはデジタル保存しにくいというデメリットがあります。
「過去に書いた手書きメモをデータで一元管理し、PCや携帯、iPhoneでなどでいつでもどこでもアクセスしたい」そんな思いから作られたのがabrAsus(アブラサス)の「保存するメモ帳」です。

紹介文もそそります。これはいけそうだなあ、と思いましたが、買う前に自分で試してみようと、A4用紙を4つ折りし、メモを取り始めました。結果は散々。理由は単純。活字というのはフォントサイズが小さくても視認性がいいんです。自分の手書き文字は、もともとが読みにくい上に、スキャンして取り込み、小さいサイズとなると非常に読みにくいです。スキャンするのもめんどくさい。改めて思ったことは、「活字ってすごい」。パソコンにしろ、iPhoneなどにせよ、12ptぐらいが視認性と凝縮性のバランスで最適なサイズですが、手書きで、そんなサイズはとても書けません。
 加えて、iPhoneのカメラでは、どうしてもデジタル複合機のスキャンのような画質にはなりません。とりあえず、1日で断念です。手書きメモって、断片的であり、後から読み返すときに記憶をたどらなくちゃならないんです。スキャンする暇があったら、記憶を整理し直して、そのついでにキーボードでタイプし直したほうがいいんじゃないかという今の結論です。

そんなところで。
最後に、Evernoteを知らない人のために、以下、EvernoteのMac上の使用の紹介ビデオをリンクします。では。